オリジナルデザインQSLカード



オリジナルQSLカード

QSLカードはアマチュア無線で交信した証として交換するものですが、単に証明が目的だったら電子QSLでも十分なはずなのに何故紙QSLに拘るかと言えばそこにそれぞれの個性が現れ、記念品としての意味があるわけです。

そういうことからすればいわゆる規格デザインのQSLの価値は次第に電子QSLの発展とともに薄れていくことでしょう。

今までは自分なりのデザインでQSLを作るということは手間もそうですが、莫大な費用がかかったものです。

しかし、コンピュータの進歩により今では誰でも安価に自分がデザインしたQSLを作ることができます。 データの入稿もオンラインででき完成には数日から10日程度と言う短期間です。
現在QSL印刷としては

(株)オノウエ印刷
(株)プリントパック

が代表的な業者でしょう



最近デザインしたQSL


その2へ