電磁気学


目 次


0.Lorentz力とMaxwell方程式

1.電磁場のエネルギーと運動量

2.Maxwell方程式の解の存在と一意性

3.電磁ポテンシャル

4.積分表示の基礎方程式

5.Liénard-Wiechertのポテンシャル

6.荷電粒子の作る電磁場

7.電磁場の粗視化

8.ミクロな分極と磁化

9.物質中のMaxwell方程式

10.物質中のLorentz

11.磁荷・磁流と物質中の保存則

12.Ohmの法則と超伝導

13.回路とKirchhoffの法則

14.定常な電磁界

15.静電界のエネルギー

16.最小エネルギーの原理(静電界)

17.静電界の導体に働く力

18.静磁界のエネルギー

19.最小エネルギーの原理(静磁界)

20.静磁界の完全導体に働く力

21.ジュール熱

22.最小発熱の原理

23.導体系と係数行列

24.電磁波と電信方程式

25.電磁場の複素表示

26.境界条件と導波管

27.Hertz vectorと球面波

28.誘電率とLorentz-Lorenzの公式

29.Huygensの原理

30.光学近似

31.光線速度と群速度

32.反射と屈折

33.電磁気学と相対論

34.Lorentz変換と電磁場の変換則

35.電磁場のLagrangian

36.電磁場のHamiltonian
 

【付録】 電磁気学の単位系
 
 

◆◆◆ 演習 ◆◆◆



BACK